ホーム > IR情報 > 財務・業績 > 決算レビュー

Account Closing Review
決算レビュー

2017年(平成29年)3月期 第1四半期累計(連結)

(単位:百万円)

  当期実績 前期実績 前年同期比(%)
売上高 56,616 51,305 10.4
売上総利益 9,593 8,607 11.5
販売費及び一般管理費 8,242 7,154 15.2
営業利益 1,351 1,453 -7.0
経常利益 983 1,500 -34.5
親会社株主に帰属する四半期純利益 436 2,819 -84.5

連結経営成績に関する定性的情報

当第1四半期連結累計期間における我が国経済は、雇用環境の改善は続いているものの、個人消費の低迷、イギリスのEU離脱決定による企業業績への影響や金融資本市場の不安など先行き不透明な状況で推移しております。
当社グループが展開するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスを取り巻く環境は、労働人口の減少、企業のグローバル化などを背景に、業務の効率化やコスト競争力の強化などに繋がるアウトソーシングサービスの需要が拡大しております。また、スマートデバイスの普及、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)利用の広がりなどに伴い、消費者コミュニケーションのデジタル化が一層加速する中、企業の業績拡大のためのデジタルテクノロジーへの投資が活発化しており、こうした動きに伴うサービス需要も拡大しております。
このような状況の中、当社グループは、コンタクトセンター、バックオフィス、設計開発、デジタルマーケティング、ECなどの業務を中心としたBPOサービスを積極的に展開し受注の増加につなげました。また、拡大する国内外のBPOサービス需要に対応していくためのサービス体制の強化、企業のEC事業をグローバルで支援するグローバルECワンストップサービス強化を目的とした海外有力企業とのパートナーシップ推進などに努めました。
具体的には、国内においては、総務・人事・経理を中心としたコーポレートバックオフィス業務などのBPOサービスを提供する「BPOセンター長崎」において、需要拡大に伴いセンター規模を拡大し、サービス体制を強化しました。海外においては、イギリスのBPO企業で、イギリス・アメリカ・ハンガリー・フィリピンなど欧米を中心に運用拠点を持つ「Merlin Information Systems Group Limited」を子会社化しました。また、Facebook(R)の公認パートナーで、Facebook広告運用サービス「social gear Ads+(ソーシャルギア・アズプラス)」をはじめとしたソーシャルメディア運用支援を行うシンガポール企業の「SOCIAL GEAR PTE LTD」を完全子会社化しました。さらに、タイにおいて、スマートフォンから実店舗への来店と購買を促すオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッチャモール)」の展開を開始しました。
一方、グローバルECワンストップサービス強化のための取り組みとしては、中国でコスメ・パーソナルケア・食品などのEC向け流通を行う中国企業の「優趣匯(上海)供応鏈管理有限公司(UNQ)」と資本・業務提携を強化することで合意しました。

事業の種類別セグメントの状況

当第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しており、以下の前年同期比較については、前年同期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。

1. 単体サービス
当社におけるアウトソーシングサービス事業等につきましては、BPOサービスの需要拡大やコスト適正化による収益性の改善の効果などにより、売上高は45,183百万円と前年同期比11.7%の増収となり、セグメント利益は1,328百万円と前年同期比14.0%の増益となりました。

2. 国内関係会社
国内関係会社につきましては、前第2四半期連結会計期間において、一部子会社を吸収合併(当社を存続会社とする吸収合併)し、連結の範囲から除外した影響により、売上高は4,696百万円と前年同期比11.9%の減収となりました。また、セグメント利益につきましては、81百万円と前年同期比63.5%の減益となりました。この主な要因は、新たに連結対象となった子会社における新規事業の立上コスト増加による影響であります。

3. 海外関係会社
海外関係会社につきましては、中国におけるBPOサービスの受注が好調に推移し、売上高は8,274百万円と前年同期比24.6%の増収となりました。一方、損益については、韓国におけるBPOサービスで一部大型案件終了に伴う、一時的な余剰要員コストが増加したことなどにより、セグメント損失69百万円(前年同期はセグメント利益54百万円)となりました。

※なお、セグメント利益につきましては、四半期連結損益計算書における営業利益をベースにしております。

■2017年(平成29年)3月期 第1四半期累計(連結)  セグメント別売上高

セグメント別売上高の状況

※注意:セグメント間取引消去等▲1,537百万円は含まず

先頭に戻る