セミナー

トランスコスモスセミナー
一歩先を行くカスタマーコミュニケーション「LINE カスタマーコネクト」

2017.5.24開催

本セミナーの受付は終了しました。
多数のお申し込みありがとうございました。

様々な生活シーンにおいて、もはやなくてはならない存在となっているLINE。そのLINEを利用した企業と消費者のコミュニケーションは益々重要になってきています。
顧客サポートは電話があれば十分。そのように考えていられる時代は去り、消費者が必要とするコミュニケーションを使いやすいチャネルで提供することが求められる時代になってきています。
本セミナーでは、LINE社がリリースした「LINE カスタマーコネクト」の機能や事例のご紹介は勿論のこと、この分野でのキーマンが直接、効果的な使い方や、変わり始めている顧客コミュニケーションの現在と未来についてお話させていただきます。

●プログラム

14:00~14:05

開会の挨拶

14:05~14:25

“CLOSING THE DISTANCE”
LINEが近づけるお客様との心の距離

LINEがビジョンとして掲げる“CLOSING THE DISTANCE”。
身近な方との会話で日常的にご利用いただいているLINEアプリをプラットフォーム化し、ビジネスコネクトアカウントを用いて多くの企業がさまざまなサービスを提供してきました。飛躍的に技術が進歩しているチャットボットやAIを活用することで変革をもたらすことが出来る領域が大きく広がってきています。本セッションでは、LINEがコンタクトセンター市場に参入した背景、皆様と実現したい未来をご説明します。

LINE株式会社
広告・ビジネスプラットフォーム室
戦略企画担当ディレクター
カスタマーコネクト事業企画チーム マネージャー
砂金 信一郎 様
14:25~15:05

LINE カスタマーコネクトで実現する、コンタクトセンターのオムニチャネル
〜LINE カスタマーコネクト機能詳細・デモンストレーション〜

国内で6,600万人を超えるお客様が日常的に利用しているLINEを、コールセンター業務に活用することで、テキストチャットと電話音声のシームレスなユーザー体験を提供しつつ、待ち時間ストレスをゼロにするLINE カスタマーコネクトを4月より提供開始いたしました。本セッションでは、AI、有人チャット、LINEのVoIPを活用した電話機能、IVR連携機能の機能詳細について、デモを交えながらご紹介させていただきます。LINEを活用した、新時代オムニチャネルコンタクトセンターの優位性を感じていただけますと幸いです。

LINE株式会社
広告・ビジネスプラットフォーム室
カスタマーコネクト事業企画チーム
垣内 隆志 様
15:05~15:15

休憩

15:15~15:55

変化する顧客コミュニケーション
~トランスコスモスが変える顧客コミュニケーションの未来の姿~

変化する消費者の意識に合わせて、顧客コミュニケーションの形は多様化してきました。本セッションでは、LINEを利用した顧客コミュニケーションの領域を開拓するトランスコスモスが、今現在提供しているサービスと、近い将来提供を始める「単なるコールセンター企業」では出来ないサービスについてご紹介いたします。

トランスコスモス株式会社
理事
デジタルマーケティング・EC・コンタクトセンター統括
デジタルコミュニケーションサービス本部
本部長
所 年雄
15:55~16:00

閉会のご挨拶

※セミナー内容は予告なしに一部変更する場合がございますので予めご了承ください。

●セミナー概要

日程
2017年5月24日(水)
開演
14:00~16:00(受付開始13:30)
会場
 
 
 
LINE株式会社
〒160-0022 東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー15階
(受付:5階 オフィスロビー セミナー受付)
https://linecorp.com/ja/company/contact
定員
 
 
 
 
80名(事前登録制・無料、お申込み多数の場合は抽選)
※お申込みは、1社につき2名様までとさせていただきます。
※当セミナーは法人のお客様対象のセミナーとなっております。個人のお客様からのお申込みは受け付けておりません。
※お申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
※ご登壇企業様および弊社と同様のサービスを提供されている企業の関係者からのお申込みは、ご遠慮いただいております。
参加費
無料
主催
トランスコスモス株式会社

●アクセス

電車
 
  • JR新宿駅直結(ミライナタワー改札)
    (埼京線、総武本線、中央本線、湘南新宿ライン、山手線、成田エクスプレス)
  • 新宿三丁目駅(E10出口)
    (東京メトロ丸の内線、副都心線、都営地下鉄)