トランスコスモスチャイナ
2008年度中国最優秀アウトソーサー賞を受賞

2008年中国最優秀アウトソーサー賞

先端技術を使ったコンタクトセンターサービス、グローバル展開が評価

2008年中国最優秀アウトソーサー賞を受賞

トランスコスモスの中国における子会社である上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司(通称:トランスコスモスチャイナ、董事長兼総経理:山下 栄二郎)は、 2008年10月14日から17日にかけて北京(中国)で行われた2008年度中国 (アジア)最優秀コールセンター大会において、「2008年中国最優秀アウトソーサー賞」を受賞しました。
審査は、候補企業に対するミステリーコール、センター見学など、専門家により延べ10ヶ月に渡り行われ、上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司はグローバル展開の実績、MO3®(※1)といった先端技術を使ったコンタクトセンターサービスの中国での活用実績などが評価され、このたびの受賞となりました。

授賞式の様子

授賞式の様子
上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司
(董事長兼総経理:山下 栄二郎)(左)

表彰楯

表彰楯

※1 「MO3®(エムオーキューブ)」について
お客様企業が顧客へ情報発信(アウトバウンド)する際に必要となるすべての業務機能を、最大の効果が発揮できるよう最適に調和させたトランスコスモス独自のアウトバウンドサービス体系の総称です。数理的な「顧客行動モデル」をベースに「どの顧客・どのエージェントが・どのタイミングで・どんなオファーを・どんなアプローチで」アウトバウンドを実行すると最大のROI(費用対効果)が得られるかを最適化計算し、最も効果があると見込まれる顧客にコンタクトオペレーションを実施します。

上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司(通称:トランスコスモスチャイナ)について

トランスコスモスの中国におけるコンタクトセンター事業の戦略会社である弊社は、2006年4月、マイクロソフト系会社との合弁会社として、スタートしました(当時、上海微創大宇宙(Wecosmos)、2008年6月より現社名に変更)。現在、中国市場向けにパソコンを中心としたテクニカルサポート業務や通信販売の注文・問い合わせ受付、テレマーケティング業務などのコンタクトセンター全般のサービスを提供しております。また、取引顧客は日系、欧米系、中国系を含め、合計約30社となります。コンタクトセンターの拠点は、上海に2拠点、北京に1拠点の合計3拠点、560席(2008年12月末現在)を保有しており、中国でも有数のコンタクトセンターアウトソーシング企業となっております。

上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司に関する詳細(中国語)は、下記をご覧ください。
(URL:http://www.transcosmos-cn.com

トランスコスモスチャイナ外観

トランスコスモスチャイナ外観

コールセンター内の様子

コールセンター内の様子

中国(アジア)最優秀コールセンター大会について

アジアを中心とした15の国と地域の中からコンタクトセンター運営における最高峰を認定する大会であり、Apccal(Asia Pacific Contact Centre Association Leaders)とCNCCA(China Call-Center & CRM Association )が共同で開催しているものです。Apccalは中国、インドやオーストラリアなどのアジア・パシフィック圏を中心とした11カ国のコンタクトセンター関連団体が加盟するコンタクトセンター団体で、またCNCCAは国家工業部(部とは日本の省に当たる政府組織)と情報化部の認定を受けた中国唯一のコンタクトセンター関連団体であり、中国コールセンター業界における最高峰の受賞となります。

中国(アジア)最優秀コールセンター大会に関する詳細(中国語)は、下記をご覧ください。
(URL:http://www.apcce.net/)

たいせつにしますプライバシー