ホーム > 企業情報 > トランスコスモスの社会的責任(CSR) > ダイバーシティ推進活動 > ワークライフバランスの推進

ワークライフバランスの推進

多様な人材が働きやすく、能力を最大限発揮できる職場環境づくりを目指し、ワークライフバランス実現に向けた取り組みを実施しています。

働き方改革の推進

<取組の考え方>

取組の考え方の図

生産性向上に向けた時間外労働の削減

当社のビジネスは、お客様企業の業務を受託するだけでなく、 お客様を支えるBPOパートナーとしてITソリューションを提供しています。
その市場やニーズに適したものに変革し付加価値を提供する事で、戦略的パートナーとして共に成長し、お客様企業の高収益化が我々の価値向上につながると認識しています。
課題としては、センターや事業所毎に職場環境が異なり、それぞれにおける勤務形態や業務プロセス・納期・進め方があって統一的な方法で時間外労働を削減する事は難しい状況です。
それぞれの「特性」に基づいて、効率を上げるよう創意工夫を行っており、具体的には、働き方改革の一環として、『品質・生産性向上』を行っています。各事業所から生産性向上につながるベストプラクティスツール・事例を集約し、厳正な審査の結果、優秀な事例は表彰し、全社展開して活用しています。
心と身体のケアとして、繁忙に伴い時間外が増加した場合は、人事面談と合わせて、産業医・臨床心理士面談を必須として、社員の健康確認を実施しています。

柔軟な働き方に向けての取組み

センターや事業所別に異なる勤務形態に対しては、多様かつ柔軟なシフト勤務を取り入れています。
また営業部門など外出が多い業務についてはモバイルワークを導入しています。今後さらに場所や時間にとらわれない働き方を推進するため、全社連携の検討会議を立ち上げ、複数職場でテレワークのトライアル実施を行うなど運用面での検証を進めています。

ワークライフバランス推進を目指した有給休暇取得促進

当社は本社・センター・事業所などそれぞれ職場環境が異なるものの、できるだけ時間や場所にとらわれず柔軟な働き方・休み方が選択できるよう整備を進めています。
有給休暇について、夏季は5日間連続した期間取得できるよう奨励しています。
低取得者に向けた対策は、労働組合と協働で計画的取得を目指し、労使での対象者面談および職場環境の整備・改善の実行しています。
また、休み方改革・取得しやすい環境整備のための啓蒙活動として、全国拠点・センター事業所にポスターを設置し、リーフレットも社員向けに配布しています。
今後も、働き方改革に伴う生産性向上と併せて休み方改革を推進していきます。

ポスター・リーフレット

【2017年度有給休暇取得目標】

有給休暇取得率 70.0%(うち少なくとも年間5日以上の有給休暇を取得)

両立支援の取組

専任組織(ダイバーシティ推進部女性活躍推進プロジェクト※現在は課)が2008年より取組の“3つの柱”の一つとして「働きやすさ支援」を掲げて以来、継続して活動を行っています。当初、女性社員中心として、ライフイベント後も“働き続ける”ことを目的とした「育児支援」から、ライフイベントによらず“活躍し続ける”ための「両立支援」へ移行し、現在は働き方改革とあわせ、女性だけでなく全社員が、仕事と生活を両立しながら最大限に能力が発揮できる環境を目指し、取り組みを進めています。

復職支援プログラム

産休・育休からのスムーズな復職をサポートし、継続してキャリア形成できる風土醸成のため、本人及び管理職を対象とした様々な支援を行っています。

本人 研修
(説明会)
産休前オリエンテーション
法律や制度の理解、産休・育休中の過ごし方、復帰までの流れ
復職前説明会 [子ども同伴可] ※東京・大阪開催
法律や制度の理解、ケーススタディ(復帰に向けた不安解消、両立に対する意識醸成)、ネットワーク形成
ツール 両立支援ハンドブック【正社員用・契約社員用】
仕事と子育て 両立のヒント集
その他 ニュースレター ※定期発行
(産休・育休中の情報提供)
マネジメント者 研修
(説明会)
両立支援説明会 ※全国開催
法律や制度の理解、上司の心構え、ケーススタディ(正しい配慮・育成に対する意識醸成、チームマネジメントの理解)、マネジメント者同士の事例等の情報交換
ツール 両立支援ハンドブック 【管理職用】

復職前説明会

復職前説明会

両立支援説明会

両立支援説明会

両立支援に関連した支援制度(一例)
  • 配偶者出産特別休暇
  • 子の看護・家族の介護休暇:1人に対し5日、半日単位でも取得可能
  • 時差出勤制度:育児や介護などで必要が認められる場合、始業時間・就業時間を変更できる
  • 積立休暇制度:法定上失効する有給休暇を最大40日まで積み立てて、必要に応じて使用できる
  • 延長育児短時間勤務制度:子が小学校3年生終了まで短時間勤務ができる ※取得要件有
  • その他:業務内容や配属場所が多岐に渡るため、一律の制度としてではなく、それぞれ各部門の裁量で多様且つ柔軟なシフト勤務やテレワーク(在宅勤務など)を運用
  • 企業内保育施設【Kiitos】 マーケティングチェーンマネジメントセンター那覇1F

【Kiitos】はフィンランド語で「ありがとう」の意味
【Kiitos】はフィンランド語で「ありがとう」の意味

パパ・ママのお仕事場見学も
パパ・ママのお仕事場見学も

ワークライフバランスに関するデータ

トランスコスモス単体
(人)

2014年度 2015年度 2016年度
育児休業取得数(正社員) 138 136 154
女性 132 130 147
男性 6 6 7
介護休業取得数(正社員) 3 7 9
女性 1 5 8
男性 2 2 1

※産休・育休取得率は100%※育休からの復職率は95%以上で推移

2016年度利用実績
短時間勤務制度 237
延長育児短時間勤務制度 71
時差出勤制度 18
子の看護・家族の介護休暇 105人/362日
積立休暇 164人/1,423日

働きやすい環境づくり

快適な職場環境

社員がいきいきと安心して働くことができる快適な職場環境の整備に取り組んでいます。

MCMセンター札幌

MCMセンター札幌
第28回「日経ニューオフィス賞」において
「北海道ニューオフィス推進賞」を受賞

MCMセンター那覇県庁前

MCMセンター那覇県庁前
「コンタクトセンター・アワード2016」において「オフィス環境賞」を受賞

MCMセンターおおいた

MCMセンターおおいた
全国のセンターで働くスタッフの「あったらいいな!」をとりいれた
メンバー主体のプロジェクト

ワークライフバランス促進イベント(一例)

社員同士のコミュニケーションや会社や仕事に対する家族の理解促進を図るため、様々なイベントを開催しています。

  • cosmos★ママフェスタ
    年1回、妊娠から復職まで全てのワーキングマザーが対象
    ※託児コーナー設置
  • ママランチ
    ワーキングマザー同士のランチ会
  • ランチ勉強会
    時間制約があり自己学習の時間がとりにくい社員を対象とした
    ランチ時間を利用した任意勉強会
    ※講師は様々な資格を持つ社員がボランティアで担当
  • 家族イベント
    親子勉強会、職場見学会など各地方拠点などで開催

cosmos★ママフェスタ

ママフェスタ1

ママフェスタ2

外部からの評価
  • くるみん認定 次世代育成支援対策推進法に基づく「子育てサポート企業」に認定され、
    認定マーク「くるみん」を取得しました。

認定マーク「くるみん」

ダイバーシティ推進活動に戻る

たいせつにしますプライバシー