eCommerce HUB for MAS
マーケティングオートメーションシステム

データ&システム活用で顧客育成プロセスを最適化
豊富な分析機能とキャンペーン管理機能に加え、メール配信機能とアクセスログ収集機能を搭載。また、ストアフロントシステムとの連携により、顧客データの取得も簡単に。リテンションマーケティングのPDCAサイクルにおける“スピード”と“実行力”を支援します。

マーケティングオートメーションシステムとは

お客様一人一人に最適なコンテンツを届けるための、情報収集、セグメント抽出、データ分析、キャンペーン管理までを自動化し統合的に管理・運用するツールです。
最適なユーザーに、最適なコンテンツを、最適なタイミングでご提案し、マーケティングスピードと精度を高める事を目的としているシステム。

※トランスコスモスが提供するマーケティングオートメーションシステムは、eCommerce HUBを中心に「aimstar/xdata/ClickM@iler」の連携で構成される仕組みと、弊社独自の「シナリオテンプレート/レポートテンプレート/運用アウトソーシング」のサービスを合わせて提供することでマーケティングオートメーションを実現します。
※LINE、OFFERs、CTSの施策実行については順次連携対応予定となります

先頭に戻る

導入効果

データに基づいた分析結果を施策に活かすことができ、精度の高いPDCAサイクルを実行しさまざまな効果を生み出すことが可能となります。
また、オートメーション化することで「売上向上」と「コスト削減」を実現します。

先頭に戻る

施策例1 パーソナライズドメール配信

取得データから顧客ステータスなどで分けた顧客セグメントごとに、顧客ニーズに合致したパーソナライズメールを作成することも可能。

シナリオメール施策例

会員登録後のフォローメール
会員登録後、商品購入がない顧客に対して、初回限定の割引オファーや限定価格などの情報を提供し商品購入に繋げる
カート投入商品リマインドメール
カートに商品を投入したままドロップアウトした顧客に対し、投入商品の情報をリマインドし購入に繋げる
お気に入りリストリマインドメール
購入のモチベーションが高いとと予測されるお気に入りリスト登録商品をリマインドし、購入意欲を喚起させる
閲覧商品リマインドメール
メルマガからの閲覧商品に対して、商品情報をリマインドすることで購入意欲を喚起させる
継続購入リマインドメール
消費サイクルに合わせたタイミングで商品情報をリマインドし、認知を高め購入意欲を喚起させる
購入履歴レコメンドメール
特定の商品を購入した顧客セグメントに対し、関連する商品情報を提供することで購入意欲を喚起させる
優良顧客特典紹介メール
累積購入金額や購入頻度などの顧客セグメントに対し、特典割引などのインセンティブ告知メールを提供。
ポイント消滅アラートメール
ポイント消滅を事前告知し、ポイント消化のための購入を促進する

先頭に戻る

施策例2 アクセスログやイベントデータを活用したオムニチャネル戦略

Web&店舗の購買データだけではなく、ユーザーのECにおけるアクセスイベント(ページビュー、会員登録、カート追加などのWebログ)や、解約、クレーム、資料請求、店舗への来店などのイベントのデータを活用して相関性を求めることで、購買への黄金ルートを導き出したり、問題点を発見したりすることで企業のオムニチャネル戦略を支援します。

カスタマージャーニー分析
顧客とのあらゆる接点を時系列に捉え、顧客の行動を可視化し、優良顧客への黄金ルートを発見します。
ログ・イベントと購買の関連分析
過去の興味(購買)と直近の興味(訪問)から、レコメンド商品の選定、サイト訪問、購買を組み合わせた顧客セグメント抽出、訪問閲覧とイベント(カート落ち・離脱・退会など)との関連性などの分析を行います。
カート落ちなどのイベント
カート落ちなど購買にまで至らなかった顧客や、特定ページを閲覧した顧客の抽出
閲覧商品と購買商品の相関性
購買商品同士の相関性だけではなく、閲覧商品との相関性を元にレコメンド商品を決定します

先頭に戻る

施策例3 DMP・DSP連携(新規・既存顧客へのアプローチ)

DMP、DSPと連携することで、メール・DMに続く新たな既存顧客とのコミュニケーションチャネルとして、Web広告媒体をキャンペーン施策に活用頂けます。特定顧客(たとえばメール開封しない顧客)にピンポイントで広告出稿することも可能です。
また、任意の顧客セグメントの顧客と同様のWeb上での行動を行う顧客グループへの広告出稿を行うことも可能となるので、今までアプローチできなかった新規顧客候補群からの集客が可能となります。

先頭に戻る

お問い合わせフォーム