ホーム > 採用情報 > 障がい者採用情報 > 社員紹介 > H.Mさん

文字サイズの変更

モニターに自分の制作した映像が映った瞬間、なんともいえない達成感があります。 2015年入社 ビデオ制作 H.Mさん(下肢障がい)

現在の仕事の内容は?

広報宣伝部で採用ビデオや、センター紹介ビデオ、社員の教育資料ビデオなどを制作する業務を担当しています。企画から、撮影、編集と映像制作に関するすべての工程を行っています。制作したビデオは、セミナーなど外部の沢山の方々に見ていただける機会も多いので、非常にやりがいを感じます。
当社は会社の規模が大きいため社内依頼であっても部門によってサービスの内容も雰囲気も全く異なります。求められているビデオの役割を理解し、魅力的な内容に仕上げられるよう、撮影技術や編集技術などのスキルアップも必要です。
大きな案件になると撮影を外部に発注する場合もあり、そのディレクション(制作に関する方向性を決め、制作スタッフの総指揮を執る)を担当させていただくこともあります。
社外の様々な分野の方々と仕事をする機会があるのもビデオ制作ならではだと感じており、撮影技術を始め直接アドバイスをいただけるのがとても心強いです。

H.Mさん写真1

あなたの仕事の“ここが面白い!”は?

学生の時も映像制作の経験はありましたが、仕事としての映像制作は難しいなと感じます。例えば、学生時代は多少の融通が利く場合が多かったのですが、仕事となると行き当たりばったりは絶対に許されないため、円滑な撮影に臨むために各部署と事前に調整しなければならないことがたくさんあります。
最初はその差に戸惑うことも多かったです。しかし実際に自分が携わった案件で会場で上映されている場に立ち会う機会があったのですが、ビデオの音楽が流れ出してモニターに映像が映った瞬間はなんともいえない達成感がありました。撮影当日を迎えるまでに部門との打ち合わせや資料作りなど、細かな調整を繰り返して本番に向かいますが、撮影スタッフや多くの方々の協力を得て作り上げていく充実感と、編集を経て完成した時の感動は他には変えがたいものです。
当社の全国の拠点へ出張に行くこともあります。現地でしか気づけないことや感じられることも多くあり、貴重な経験となっています。

働く環境・社風は?

広報宣伝部で仕事をすることが決まった際に、自分の障がいによって「出来ること」「出来ないこと」を上長に伝える時間をきちんと設けていただいたので日々の業務で不安な点はありませんでした。部内の方々にも理解をいただいているので、フォローが必要な場合でもお願いしにくいということはありません。撮影機材の運搬の際に手伝ってもらったり、撮影場所に移動する際に多めに時間をみてもらったり、また移動手段の変更を許可していただいたり、といったフォローがあります。
まだ入社して1年目ではありますがビデオ以外の業務も担当させていただいています。当社のパンフレット制作にあたり、担当部署とデザイン担当部署とのパイプ役となって、スケジュール管理や校正などを行っています。早い段階から機会をいただき仕事の幅を広げるといいますか、自分の強みになるものを身に付けることができて自信につながっています。
現在ビデオ制作をメインとしていますが、ビデオ以外の業務でも自分の価値を高められるように日々の業務に励んでいきたいと思います。

H.Mさん写真2

先頭に戻る