社員一覧へ戻る社員一覧へ戻る <

岡本 匡季 2008年入社 BPOS統括 ESS本部 EPSS部

InterviewInterview

岡本さん写真1

現在の仕事内容は?

入社後3年間で磨いたCADの利用技術をもとに、現在は、自社の機械設計エンジニアに対して、機械系CAD・CAE解析などのツール教育や人材管理を担当しています。
当社の機械設計支援事業は、設計知識とIT技術を併せ持ったエンジニアが、主に製造業のお客様の設計業務を支えていますので、各エンジニアの知識や技術がサービスの品質に大きく影響してきます。
そのため、機械設計支援事業の品質を高めるべく、日々エンジニアへの研修を行っています。
また教育業務と並行して、お客様企業からいただく設計図面をもとに3Dモデル化するモデリング業務も併せて担当し、技術を磨いています。

今までの仕事の中での忘れられない思い出とは?

入社2年目の頃、お客様企業の設計エンジニアの方々に、設計業務で使用する高度なCADの操作に関して、教育業務を担当していました。
一人で講師を務めることができるようになるには、上司へのレビューを行い合格しなければなりませんでしたが、元々人前で話をするのが苦手だったこともあり、何度も何度も失敗しました。その度に自分のどこがいけなかったのかを振り返り一つひとつ改善してようやく合格することができました。そうした苦労もあって、最終的に受講者の方から理解しやすいというお言葉をいただくことができたのは、今でも忘れられない思い出です。

仕事を通じて成長したと感じることは?

新人の頃は学生気分がなかなか抜けず、上司の注意に対してすぐに行動しない、または上司から言われた仕事だけを行うなど、自ら責任を持って行動することが少なかったように思います。
そのような自分に対し、上司が根気強く指導してくれました。自分が仕事で困っている時などは、予定があるにも関わらず一緒に残ってアドバイスをしてくれたこともありました。
周りの手助けのおかげで、今ではどんな問題もまずは自分で解決するという責任感、そして自分で解決できる実力がついてきたように思います。

今後チャレンジしていきたいことは?

まず現在の業務においては、当社のエンジニア育成プログラムを自分で確立させたいと思っています。
当社はエンジニアに対して数々の教育を行っていますが、研修プログラム、コンテンツ、カリキュラムなどにおいてベストなものを検証し、最適な育成プランを確立させたいです。 それによって、今後沢山のエンジニアが育ってくれると良いなと思っています。
また、エンジニアとしては、設計業務の知識と経験を深めていきたいです。様々な業界での設計を経験する、海外に赴任しグローバル視点での設計業務に携わるなど、経験を高めていきたいです。
その他、会社や事業の業績部分にも関わりたいので、財務会計の知識を深めたいと思っています。
トランスコスモスは携われるフィールドが大きいので、今後チャレンジしてみたいことが沢山ありますね。

トランスコスモスだから出来ることは?

ひとつは、お客様企業のものづくり現場で企画・設計~生産技術までをトータルにサポートすることができる点です。CAD/CAM/CAEなどの高度な使用技術も活用し、現在は自動車や航空機等の輸送機器業界、デジタル家電等の精密・電気業界向けの設計、解析・実験、試作、生産技術工程を幅広く支援しています。
さらに、製造業の生産開発におけるグローバル展開やR&Dの最適化を支援し、日本の製造業のグローバル化に伴う競争力強化に役立てられるところが、トランスコスモスのエンジニアリングソリューション事業の強みです。

職場の雰囲気はどうですか?

現在の業務では、本社と現場を行き来して仕事を行っています。
本社では、自分より先輩の社員が多いのですが、気軽に声をかけてくれたり食事に行く機会があったりと気さくなメンバーばかりです。
また、現場でエンジニア研修を行っている場合は、新人からベテランまで色々な社員がおり、お互いの知識や技術を共有し合える非常に良い関係です。
今まで経験した職場は、どこも非常に良好な人間関係でした。

休日は何をして過ごしていますか?

休日は、基本的に暦どおりに取得しますが、大半は日ごろの疲れを癒す時間に充てています。
平日慌しく業務に励んでいる分、休日はなるべくゆっくりと過ごすよう心がけています。
例えば、近所にサイクリングに出かけたり、映画に行ったり・・・。
平日の業務に全力投球できるよう、休日は上手く充電し、力を蓄えています。

キャリアステップ図

これから入社される方へのメッセージ

入社することが目的の就職活動ではなく、入社後の目標を持ってください。
目標を持つことにより人は飛躍的に成長できると思います。
自分の成長した未来を見据えて、妥協しない就職のための活動をしてください。

エンジニアリングソリューションサービス特設サイトはこちらエンジニアリングソリューションサービス特設サイトはこちら

先頭に戻る