社員一覧へ戻る社員一覧へ戻る <

大高 見知子 2012年入社 デジタルマーケティングサービス総括

InterviewInterview

現在の仕事内容は?

当社のデジタルマーケティングサービスをお客様にご提案する営業本部で、不動産業界・EC業界のお客様を中心に、インターネット広告やWebサイト構築、モバイルコンテンツ制作・アプリ開発などの企画提案を行っています。お客様の課題をヒアリングして、それに合ったソリューションを社内の各部署と協力して設計し、提案するというのが業務の主な流れです。また、新たな提案を行うだけではなく、すでにお取引のあるお客様とのリレーション強化も大切な業務です。

今までの仕事の中での忘れられない思い出とは?

「甘えるのではなく、頼る。」
入社まもなくの頃、営業としてプロジェクトをリードする事に自信が持てず先輩や上長、サービスのメンバーに負担をかけてしまいました。周囲に助けを求めることが「甘え」だと思い込み、ひとり悩んでいた時に先輩から言われた言葉です。
「甘える」は成長につながらないけれど、「頼る」は周囲が積み重ねてきた経験を活かす事。周囲の力を引き出して仕事をしていくことで、いずれ自分自身の経験やノウハウとして身につく。だから積極的に頼っていいんだと言ってもらい、気持ちがラクになったことを憶えています。

大高さん写真1

仕事を通じて成長したと感じることは?

新卒1年目のときにコミュニケーションについて苦労しました。営業はサービスの動きを把握し、問題点をタイムリーにお客様と共有していく仕事。しかしながら私自身まだサービスについての理解が浅かったこともあり、伝えるべきことがお客様にもメンバーにも伝えられていない状態でした。
そのため、ただ頭の中でまとめるのではなく一旦紙に書き出し整理する事や、同期や先輩に繰り返し練習を行う事で、少しずつではあるものの自分の意見が相手に伝わっている事が実感できるようになりました。まだまだ足りない部分は多いですが、少しずつ営業として成長していきたいと思っています。

今後チャレンジしていきたいことは?

お客様の一番のパートナー、相談相手となる事です。
「物売り」ではなく、お客様が抱えている課題を一番にご相談頂き、解決に導くパートナーになりたいと思っております。そのためには既存のサービスだけではなく新しいサービスをお客様とともに考えていける営業になることが必要。少しでも多くの案件に携わり、様々な経験を積み、お客様の気持ちや社内メンバーの気持ちを理解できる人になっていきたいです。今は、与えられた業務をひとつひとつ丁寧に対応し日々勉強を行っています。

トランスコスモスだから出来ることは?

学生時代は速いスピードで変化していくIT業界に興味があり就職活動をしました。
その中でもトランスコスモスはネット専業の広告代理店業だけではなく、サイトの構築から分析サービスまでをワンストップで提供できる点が魅力でした。お客様の目線に立ち、お客様の課題を解決していくために必要なソリューションを一から考え、お客様の「パートナー」として問題を解決し続けていけるのはトランスコスモスだからこそできることだと考えています。

大高さん写真2

職場の雰囲気はどうですか?

営業という役割上、さまざまな人と関わって業務を進めていきます。例えば、新卒1年目に担当した業務ではリスティング運用担当とメディアプランナー、制作ディレクター、プロジェクトマネージャー、併せて10名ほどのメンバーで対応しておりました。その中で初めての大型案件ということもあり、お客様や社内メンバーに迷惑をかけてしまうこともありました。その度にお客様や社内メンバーから繰り返し教えていただき、私の話に耳を傾けていただきました。先輩や上長からは何度もフォローを受け、案件の道筋を立てていただきました。常に周囲の人に見守られて「まずは、自分でやってみる、考えてみる」ことができる環境にいます。

休日は何をして過ごしていますか?

おもに、DVD鑑賞や買い物、飲み会、ヨガです。平日よりもゆっくりと時間を過ごしたり、たくさんおしゃべりしたり、身体を適度に動かしたりすると気持ちと身体がリフレッシュでき、週明けからまたお仕事がんばろうという気持ちになります。

大高さん写真3

キャリアステップ図

これから入社される方へのメッセージ

就職活動は、様々な業界・職種を見ることのできる貴重な機会だと思います。面倒がらず、色々な企業の話を聞いてみてください。
また、できる限り現場の色々な立場の人に会わせてもらって話を聞く機会を持ったほうが良いと思います。
自分なりにいろんな角度から企業を見て、楽しみながら就職活動してください。

先頭に戻る