3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2022 SDGs時代のものづくり バーチャルツインでつながる、持続可能なイノベーション 開催期間:2022年7月6日(水)~7月26日(火) 参加費:無料(事前登録制)主催:ダッソー・システムズ株式会社3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2022 SDGs時代のものづくり バーチャルツインでつながる、持続可能なイノベーション 開催期間:2022年7月6日(水)~7月26日(火) 参加費:無料(事前登録制)主催:ダッソー・システムズ株式会社

3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2022 5DGs時代のものづくり バーチャルツインでつながる、持続可能なイノベーション 2022年7月6日~26日

トランスコスモス出展内容トランスコスモス出展内容

講 演

メタバースが救う日本のモノづくり
~物理的束縛からの解放~

講演者

トランスコスモス株式会社
BPOサービス統括 事業推進本部
アカウントマネジメント第2統括部長

昨今、ニュースで「メタバース」という文字を目にしない日がないくらいメタバース・ブームが到来している。しかしそれにより、実際の私たちの生活がどう変わるのか、特にモノづくりの世界がどう変わるのかは、侃々諤々未だ議論の域をでない。そんな中、「日本の製造業が抱える問題をメタバースで解決する」という課題提起を試み、物理的束縛から抜け出せずもがき苦しんでいる日本の製造現場のモノづくりプロセスに一石を投じる。

展 示

Steps to Metaverse
~メタバースへの階段~

「メタバース」の活用により、従来成しえなかったフィジカルエンジニアリングからデジタルエンジニアリングへの移行のメリットは理解できても、自社のモノづくりプロセスを明日から全てを一足飛びにメタバースの世界に切り替えることはできません。未だデジタル化されていない紙の図面や技術文書、サプライヤーから納品される実物の試作部品を抱えたままでは、いつまでたってもフィジカルとデジタルの世界を行ったり来たりするはめになります。また、混沌とした設計プロセスをそのままメタバースに移しても、結局メタバース上で混沌とした設計プロセスを踏襲するだけで、メタバースのメリットは享受できません。メタバースでモノづくりを行うためには、それなりの準備とステップが必要です。
本ブースでは、メタバースへの移行をお考えの製造業のご担当者様が必ず必要となるソリューションを『サービス』パッケージとしてご用意し、そのステップを一段ずつ登っていくことで、メタバースでのモノづくりへ近づけるようにしています。是非貴社の課題解決のヒントを見つけてください。

3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2022 5DGs時代のものづくり バーチャルツインでつながる、持続可能なイノベーション 2022年7月6日~26日