インターネット広告プランナー

Q1 あなたのミッションと業務内容について教えてください。

Web広告の運用を通じて、お客様のビジネスに貢献すること。また課長として、マネジメントを通して、チームの売上を伸ばすことの2つがミッションになります。
Web広告プランナーとしての業務は、不動産業界のお客様など、複数案件を担当しています。お客様の課題ヒアリングや、運用結果の定期レポート等、実際のコミュニケーションを通して、日々新しい施策の提案も行います。また課長としては約10名のマネジメントや、チームとして売上拡大するために案件の管理を行っています。

Q2 マネジメントを行うにあたって気をつけている点があれば教えてください。

2016年に未経験で入社し、リーダーを経て2020年度から課長を拝命しています。自身と同じく未経験で入社したメンバーも多い為、プランナーとして独り立ち出来るよう、案件に並走して取り組みフォローしています。これからも、より多くのメンバーに「トランスコスモスに入ってよかった。ずっとここで働き続けたい」と思ってもらえるように精進していきます。

イメージ

2016年入社 S.A.

イメージ

Q3 あなたの思う、トランスコスモス(DMサービス領域)の「強み」と「弱み」を教えてください。

Webサイト制作、広告運用、ソーシャルメディア運用、コンタクトセンター…など、ユーザー接点に関わるあらゆるサービスを一貫して提供できる点に圧倒的な強みがあります。実際に私自身も、コンタクトセンターに寄せられたお客様の生の声を広告のプランニングに活かした結果、お客様の成果が伸びた例なども経験しており、トランスコスモスだからこそ実現できるマーケティング事例が他にも多数存在しています。弱みではありませんが、これらのポテンシャルを最大限活用していくためにも、自身の領域のみに留まらない柔軟な発想力と広い視野が重要とも考えます。

Q4 あなたのキャリアの変遷と今後について教えてください。

前職は実演販売という形で販売業を行っていました。その後、この業界には完全未経験の状態で飛び込みましたが、今ではマネジメントする立場も頂いていることもあり、自身のプランナー業務に加えて、メンバー育成にも力を入れています。
今後は、お客様に対してより大きな成果をお返しできる人間になれるよう、広告という領域に囚われないコンサルタントを目指しています。

図

MESSAGE

プランナーとして成長するには、結果に対して原因を追求できる姿勢を常に持つことが大切だと思います。私自身も、仕事に取り組む上で探求心を大切にしており、自身でプランニングした広告についても、結果の良し悪しに関わらず「どうしてこうなったのか」という理由を探すことを意識しています。そのため、プランナーになってから論理的思考力が身につきました。その取組みが実になり、お客様に感謝されたときに大きな充実感が得られます。