ホーム > 導入事例 > 大手電機・精密機器メーカーA社様

製造・メーカー ビジネスプロセスアウトソーシング

大手電機・精密機器メーカーA社様

大手電機・精密機器メーカーにおいてアプリケーション保守業務を再構築。
業務統廃合・業務プロセス改善・標準化・適正人員配置で全体工数を20%削減。

課題

アプリケーション保守業務のコスト削減、社員様の企画・戦略系業務へのシフト

成果

  • アプリケーション保守業務の現状を調査・分析し、現状業務の課題を明確化
  • 業務統廃合・業務プロセス改善・標準化・適正人員配置により、全体工数を20%削減
  • 社員様の企画・戦略系業務へのシフトを実現
導入の背景
  • 大手電機・精密機器メーカーA社様では、社員様が複数のベンダーと派遣スタッフを活用しながらアプリケーション保守業務を行っていました。
  • ベンダー・派遣スタッフへの指揮系統が錯綜しており業務効率に改善の余地があること、また、社員様が日々の開発・改善・保守業務に工数を取られ、企画・戦略系業務へ集中できない状況が続いていること等の課題をお持ちだったA社様は、業務の大幅な見直しを検討されていました。
提供サービス概要

アプリケーション保守業務の現状を調査・分析し、工数・品質・生産性を可視化。社員様・ベンダー・派遣スタッフからアウトソース可能なアプリケーション保守業務を引き継ぎ、業務の統廃合、業務プロセス改善、標準化、適正な人員配置(スキル面・コスト面)を行いました。

BPR実施前から実施後の体制の変化

導入効果
アプリケーション保守業務の現状を調査・分析し、現状業務の課題を明確化

社員様・ベンダー・派遣スタッフを対象に業務内容、平均対応時間、体制、指揮系統等の現状調査を実施。調査結果をもとに業務プロセス毎の工数・品質・生産性を可視化し、現状業務の課題を抽出しました。

業務統廃合・業務プロセス改善・標準化・適正人員配置により、全体工数を20%削減

社員様・ベンダー・派遣スタッフからアウトソース可能なアプリケーション保守業務を引き継ぎ、重複・類似する業務を統合・集約することにより、ダブりやムダを排除。錯綜していた指示系統を見直してシンプル化し、業務効率を向上しました。さらに、引き継いだアプリケーション保守業務を「上流レイヤー」から「下流レイヤー」まで分類し、属人化していた個々の業務を標準化。適正スキルを持つ人員を適正コストで各レイヤーに配置することにより、業務を請け負う前と比べて全体工数を20%削減しました。

社員様の企画・戦略系業務へのシフトを実現

アウトソース可能なアプリケーション保守業務をトランスコスモスが一括受託し、社員様の作業負担を最小化することにより、社員様の企画・戦略系業務へのシフトを実現しました。

先頭に戻る

サービスに関するお問い合わせ
お電話でのお問い合わせはコチラ0120-120-364 平日9:00~18:00
ウェブからのお問い合わせはコチラお問い合わせフォーム