新型コロナウイルス感染症に関する当社の基本方針と実施している対応について

2020.04.21

トランスコスモス株式会社

各位

新型コロナウイルス感染症に関する当社の基本方針と実施している対応について、以下の通りお知らせいたします。

基本方針 新型コロナウイルスに対する実効性のある対応策を先行的かつ計画的に実施し、感染を防止するとともに、感染が発生した場合には、状況に応じて経営資源を集中投入する等、業務の継続を図るため、以下を基本方針とします。

■ 人命の最優先
従業員およびその家族ならびに近隣社会、お客様企業、関係先などの人命保護を最優先とします。
■ 感染拡大の防止
予防対策を整え、防疫資材等を確保し、当社全体および社会的責任の観点から関係先及びお客様企業などへの感染防止に努めます。また、従業員に感染者が発生した場合は、官公庁の指示に従いながら情報を社内外に開示することにより感染拡大の防止を図ります。
■ 事業の継続
法令等および行政の指導等を遵守しつつ、業務継続に必要な体制を構築して、業務の継続に努めます。特に、お客様企業への商品・サービス提供にあたっては、お客様企業の対応方針や当社への要請事項を尊重し、業務の継続に必要な措置を講じます。

実施している対応 現況をふまえ、新型コロナウイルス本社対策本部を中心に、適宜対策を実施しています。特に以下の4点については、公的な指針や直近の当社業務・テクノロジーの実情を踏まえた対応を行っています。

■ 当社センター拠点における感染拡大予防策
厚生労働省からの要請等に定められた事項に則り、当社センター拠点にて密閉・密集・密接の3密環境を可能な限り回避する工夫を行っています。また、当社は、以下をあらためて徹底・推進し、社内外への感染拡大の防止と従業員の安全確保を最優先に努めます。
  • 出勤前の検温等の健康状態確認の徹底
  • 咳や発熱等の症状、嗅覚・味覚障害が生じた場合の出勤停止の徹底
  • 基本的な感染症対策(マスク、手洗い、消毒アルコールの常時設置、咳エチケット、共有物の消毒等)の徹底
  • クラスター(集団感染)発生防止の推進(テレワークの推進、換気・ソーシャルディスタンスの推進、等)
■ 感染者発生時の対応
本社・本部・支社・営業所・支店ならびにセンター拠点および周辺における感染者が発生した際の従業員の安全確保と不安の解消、社内外への感染防止を最優先に、感染者の隔離、濃厚接触者の特定・出勤停止指示、消毒等の必要な対策と関係者へのコミュニケーション・情報開示を速やかに行っています。
■ お客様企業とのBCP(事業継続計画)の推進
当社センター拠点にて3密環境が生まれやすい状況を可能な限り回避するため、テレワーク化、業務の自動化(RPA、ボット対応)などの打ち手を積極的に提案し推進しています。なお、お客様企業と協議のうえ、必要に応じ、業務の縮退についても検討しています。
■ 間接業務の在宅シフト
間接業務については、「業務上、在宅対応出来ない従業員・出来ない日」を除き、原則在宅勤務ベースの業務運営に切り替えており、そのために必要な環境を整備しています。

当社における新型コロナウイルス感染者の発生については以下の通りとなります。

過去のお知らせ

報道関係者お問い合わせ

トランスコスモス株式会社 広報宣伝部
冨澤・岡安
TEL:03-4363-0123  FAX:03-4363-1123

先頭に戻る

たいせつにしますプライバシー

たいせつにしますプライバシー