たいせつにしますプライバシー

Fundamental Sustainability Policy
サステナビリティ基本方針

わたしたちは、「お客様の満足の大きさが我々の存在価値の大きさ」という経営の基本理念のもと、みなさまと共創しWell-being社会を実現します。みなさまと共に、SDGs/ESGを推進して参ります。

サステナビリティパーパス

わたしたちのパーパスはWell-being社会の実現です。
その実現のために、社会・お客様企業・個人、それぞれのWell-beingの最大化を目指します

社会のWell-being

気候変動、生物多様性、ビジネスと人権、社会的公正性など、お客様企業とともに、社会のWell-beingの最大化を目指します。

お客様企業のWell-being

お客様企業のビジネスの拡大、業務プロセスの最適化、お客様企業における顧客満足度の向上など、お客様企業の持続的な発展に寄与し、Well-beingの最大化を目指します。

個人のWell-being

最先端技術の習得、健康経営、DE&I、人権の尊重など、従業員のWell-beingの最大化を目指します。

先頭に戻る

ESG指針

E:気候変動・生物多様性

事業を通じて気候変動対応や生物多様性保全をはじめとする課題に取り組み、持続可能な地球環境へ貢献する。

S:DE&I・人的資本経営・健康経営・ビジネスと人権・プライバシーガバナンス

Well-being社会実現に向け、従業員ひとりひとりの成長と多様性を尊重するとともに、人権への取り組みを推進し企業としての責任を果たす。

G:コーポレートガバナンス・コンプライアンス

信頼される企業行動を通し、ガバナンスによるサステナビリティ基盤を構築する。

先頭に戻る

サステナビリティ推進体制

トランスコスモスでは、「サステナビリティ基本方針」に基づき「トランスコスモスSDGs委員会」がサステナビリティに係る施策の企画立案・審議・決議を行っています。トランスコスモスSDGs委員会の委員長は、代表取締役会長が務め、その委員会のメンバーは取締役会に参加し、サステナビリティ推進の主たる活動状況の報告等をしています。取締役会は環境や社会に与える影響も踏まえ、トランスコスモスSDGs委員会を監督/指示しています。

サステナビリティ推進体制

先頭に戻る